えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no114 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

6/1から入園のI.Sちゃん

(6/13生れ)です

慣らし保育も1歳児のお部屋で

頑張りましたね 午前中もまだまだ

眠くなり一眠りしたところです

さぁえんそくに出発です

お母さんの手作りのおにぎりや

お弁当の入ったリュックサックを

背負ってとても元気な

2歳児さん達です歩くのもしっかりしてますね

こちらは1歳児の皆さん

お庭では元気に遊べますが

お散歩で遠くまで歩くのが

まだまだ大変な方は

お散歩車に乗って公園迄行きます

中央公園に着きました

集合写真も写して

さぁ!これから遊ぶぞ レッツ・ゴー

手前が2歳になったKe.Hくん(531)

後が1歳児のKe.Tくん(10/5)です

さぁ楽しみなお食事です

1歳児のYu.Sちゃん(1221)

見えているのは

Ke.Tくんと2歳児さんのNa.Mちゃん

1歳児さん達は先生達に介助されて…

広い公園で鳩と遊んだり

お池の鯉を見たりしましたね

お外でのお食事もとっても

おいしかったし 帰りのお散歩車では

もうこんなかんじでーす

ゆりかごだより

二十一年 六月号 から

今日から六月衣替えの日でもあります。学生達や職場でも制服の有るところでは

はっきりとしますね。暖かな日、雨の日とでは気温の変化が激しく衣類の調節に気を

遣う日々ですね。保育園にも半袖の物と夕方肌寒い時に羽織る長袖の洋服などロッカ

ーに入れて置いて頂けると保育園で調節いたします。

さて、子供達も日に日にそれぞれに成長しているのですが、赤ちゃんでも、ひよこ

さん、うさぎさんのお友達でも一段とその成長振りが目について驚くのも毎年この時

期でもあります。赤ちゃん組の2ヶ月のねんねの時代から、目覚めている時はお外に

出て遊ぶ方が楽しくなったり、腹ばいからお座り、ハイハイの高バイへと目覚しい変

化を見せてくれています。

さて、保育も経験すれば簡単な事も多いのですが、第一子の子育てはどの時期もそ

れぞれに始めての経験ですから何方もどうしたら良いのか?これで良いのかと一つ一

つが不安になりますね。私は保育士達にもよく言うのですが「どうしたら良いのか解

らない時は子供に聞きなさい」と言う事は子供は話せませんから保育士が子供をよく

観察して判断する事です。そして今この子はなにをして欲しいのかを見極めてあげる

事です。赤ちゃんなら基本的には1、お腹がすいた2、便が出て気持ちが悪い

3、眠いの三つですからその内のどれかを見極めて早く対応してあげる事です

その見極めが間違って居ると子供は欲求が解消されないので泣いてしまうのですね

お腹が空いているのに眠いのだろうと寝かせようとしたり、眠くて泣いているのにお腹

が空いて泣いているのかしら?とミルクをあげたりとピントが合わない対応をしていた

のでは赤ちゃんはピントの合った対応をしてくれるまで、泣き続けるしか無い訳ですね

1歳児さんでも2歳児さんでも基本的には同じですが、成長するに従って子供と親の知

恵比べになっていくようです。大切な事は愛情を示すその方法を間違えないようにしな

けれればなりません。親が居ない時、自分が側に居ない時、子供はどうするかを考えて

様々なしつけしてあげましょう Y.I

バックナンバー