えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no195 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

3/8生れNa君2歳になりました

卒園児のお姉さんは

今9歳になってお迎えの時は

 お母さんのようでした

卒園後に弟二人のお姉さんになったのね

ひなまつりには赤ちゃん三人も

参加しました1歳間近い

赤ちゃん達も

喜んで参加できました

春は弥生のひなまつり楽しかったですね!

まだまだ歩けない子供も

やはりお外は大好き

自動車型のお散歩車に座って

公園に来ました

芝生に降ろしてあげないと怒ります

お散歩で来た広い公園では

子供達ものびのびと気持ち良く遊びます

落ち葉の中には何が

隠れているかしら

1歳児も3歳過ぎの児も一緒です

朝から雨の日はお散歩は

お休みですね 室内遊びの風景です

平均台に座ったのは

 1歳児の皆さんです

保育士に手を取ってもらって

踏みはずさない様に歩けたかしら

2歳以上のお友達が

粘土遊びやクレヨンを使ったり

する時に遊ぶ部屋です

おままごとをしたり

パズルをしたり1歳児さんの

憧れの小さなお部屋です

ゆりかごだより

二十八年   三月号から

灯りをつけましょ、ぼんぼりにお花をあげましょ桃の花 弥生の三日はひな祭りですね女の子の健やかな成長を願う日です。保育園でも手作りの

雛人形をゆりかご組、ひよこ組にそれぞれささやかに飾ります。3日には、雛あられを頂き

ひな祭のお祝いをいたします。子供達は先生たちが作ってくれたお内裏さまとお雛さまの冠を

つけて、可愛いお内裏様とお雛様が大勢揃う事でしょう。春の華やぎを感じる楽しみな行事です

さて、例年のようにゆりかご保育園からも多くの方の旅立ちの時期でもあります。その事に

ついて皆様に四月からの動向調査の為のアンケートにご協力を頂きました。有難う御座いました

お陰様で大方の提出も終わり、四月からの動向も見えてまいりました。何処へ行っても、在園期

間が短期間であっても、どの子達も、私達保育士にとっては多くの癒しを頂いた事、忘れ難い沢

山の思い出が残りました。子供達も初めての社会生活の場「ゆりかご保育園」であったと思います

良い思い出となれば私達保育士も何より嬉しいです

さて、退園する方は殆どの方が公立に転園されます。公立保育園では多い順で今までは、吾妻

竹園、松代、二の宮と手代木南、その他となっていましたが、『今年は新しく出来た保育園も有り

多様に様変わりして居ます』今年はまた3、4歳の方も多かったので、幼稚園の希望の多かった

事が特徴でした。それぞれ又新しい環境になってご両親は心配しますが、子供は柔軟な適応力が

有りますので心配無用大丈夫です。「案ずるより生むがやすし」と云うことわざも有ります。大人

が思って居るよりも速く、生き生きとして新しい園生活に慣れていく事でしょう。私たちも寂しく

思いますが…会うは別れの初めといいます。世の常ですね。別れはみんな寂しく思いますが成長の

証しですからこれから先、どんな風に成長していくかを楽しみにしております。

退園したお友達を保育士もいつまでも覚えております。不思議と忘れないものです。皆さんの健や

かな成長を皆で心から願って居ります。その後は赤ちゃんからお一人と1,2歳児の在園するお友達

四月からの新入園のお友達との新スタートとなります。それまでもう暫くの間となります。元気に

楽しく過ごしましょう。皆で楽しく良い思い出を沢山作りたいと思っております。

Y.I

バックナンバー