えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no26 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

今年は日曜日が節分になっていますので 保育園では早めの 豆まきをしました皆さん不思議そうに見てますね

ゆりかご組さんにも鬼が来て 豆まきをしました 無邪気な赤ちゃんには鬼もきっと寄りつきませんね

ぼく達だれだか判るかな? 折り紙にのりをつけるのが面白かったよ 素敵な鬼さんになりましたね

其々に保母と一緒に作った鬼の面をつけて とてもうれしい 子供達です さて僕と私は誰でしょう

ハイ二歳になったT君から写真を撮りましょう ご本人は何よりもケーキの上の ろうそくの火が 気になっているようです

ゆりかご組さんで過ごした 0歳児さんも 今月は三人しかも1日づつ違いの お誕生日です 新入園のY君と5人のお誕生会です

ゆりかごだより

二月号より

ゆりかご保育園の0歳児、1歳児、2歳児の皆さん其々に著しい成長を改めて感じ る此の頃です。鼻水は出ている方はおりますが、風邪も今のところ治まってきたよ

うです。が他所ではインフルエンザが出ている所も有り、まだまだ油断出来ません

暖かくなる迄もう少しの辛抱です。

鬼は外福は内パラッパラッパラッパラッ豆の音鬼はこっそり逃げて行

く冬から春への変わり目を節分といいます。節分には豆をまいて鬼を追い出します

日本の伝統行事ですね。家の中からそして心の中からいろんな鬼を追い出します。

そもそも節分とは!?インターネットで見てみますといろんな事が出ておりました

一部を引用させていただきますと、節(せち)分かれといって季節が変わる節目の

ことで、立春の前日をさします。本来の節分は、冬から春への変わり目で、自然の

姿の変わることを大切な節目としていました。今では外から邪気悪霊が入ってくる

のを防ぐよう、庭からくる鬼に大豆を投げつけて追い払うようにかわりました。

追われた鬼の行方!?豆を投げられ追い払われた鬼達は奈良の吉野の金峰山に

暖かく迎えられていました。そして鬼火の祭典で今までの悪行を改心し、すっかり

「良い鬼」になっていました。ですから金峰山寺では「福は内、鬼も内」と他とは

違ったかけ声で豆まきが行われるそうです。(京の歳時記2002より)

成田山の新勝寺では鬼は外は一切いわない「福は内、福は内」だけは有名ですが…

ちなみにゆりかご保育園での今日の豆まきは鬼にも豆はぶっつけないように「天打

ち地打ち、四方打ち、鬼は外、福は内」といって豆まきをしました。先生の可愛い

鬼に大喜びの子供達でした。 Yoko.I

バックナンバー