えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no59 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

どうでしょう!この嬉しそうなお顔

11月11日生まれのKo君のお誕生会

12月にはお兄さんになります

良いお兄さんになることでしょう

11月8日で満1才になりました

Yo君です ひよこ組さんに

進級です 歩き始めたのが早く

飛び跳ねるように歩くので要注意です

みなさん何かに集中していますね

この写真をクリックして見てください

何に集中していたのか

解かりますよ

11月1日より入園のTiちゃんです

12月16日生まれ 来月16日よりひよこさんに進級です

みなさんよろしく 一緒に入園したお友達も見てね

9月下旬土曜日でしたが

お散歩の途中で家族でゆりかごに

寄ってくれた卒園児のRyo君です

赤ちゃんの時の面影のまま

成長してお兄さんになってました

こちらは10月の日曜日

横浜からドライブがてら保育園に

遊びに来てくれたRiちゃんとReちゃん姉妹

会っている内にゆりかご時代の

面影がはっきりしてきました

ゆりかごだより

十一月号

新潟中越地震での多くの被災者の方々には心からお見舞いを申し上げます。 一日も早く安全な宿でせめて暖かく生活が出来る日が来ることを祈るばかりです。

今回の災害では、私も災害時の国の対応の仕方と言いますか何処で誰がどんな指示

を出し指揮を採っているのかと、身近な事として考えさせられました。日を追うに

したがって多くのボランティアの方々、自衛隊、各方面の方々からの援助活動も行

われている様子が毎日報道され、ようやく被災者の方々もこれからの生活の建て直

しが考えられるようになっている様です。各方面の関係者方々の行為、御苦労も並

大抵の事では無いと思いますし、時間が経てば徐々に支援が為されて行くのでしょ

うが、災害直後の国の対応に疑問を持ち続けております。大きな災害時の対策は?

誰が指揮をとるのでしょう?ボランティアで?地方自治体?災害後の対策を考え

るのは誰ですか?近く大地震が起こる可能性が有ると予想され、報道されていた

昨今です。しかも少し前に首相が先頭に立ち大掛かりな防災訓練も行われたばかり

でした。国が政府の対策などは、当然しっかりと出来ているとばかり思っておりま

した。こんな大災害の時は、首相自らが指揮を採ると思って居りました。森前首相

も災害の知らせを聞いたときゴルフを続けて居たと避難され、最近では何事かが有

った時、小泉首相も官邸にすぐに戻らなかったと非難されたばかりでしたから…首

相は大きな災害時には全体の流れを見て指示を出すのが役目と思っておりました。

いずれ、莫大な税金が使われる事でしょう、様々な難しい事もあるのでしょう。真

っ先に何をしなければならないかを、緊急の時、即断即決、指示を出せる人は首相

では無いでしょうか?渦中の人達は無理と判断し、緊急の判断は首相がするのがベ

ストだと思います。無理なら政府の中で誰か一人緊急の指示を出せる人を早急に決

めて置くべきだと思います。こんな事ではとても…今後がとても心配になりました

最初の一晩・一周間が大事なのに…どうして?今回の場合、被災者の宿を用意する

事が真っ先に考えないのでしょう?出来ない理由は?未だに外で生活して居る人達

が大勢居るのはどうして?と理解に苦しみます阪神大震災、島民そっくり島から

脱出させ避難する事の出来た災害も有りました。それを経験として、当然政府も様

々な策を講じて居るものと思っておりました。震災が起きた直後には日本中に

テレビで時々刻々と被災地の様子が、不安と恐怖の情報が伝えられました。それが

その後の一週間、被災者の方達の寒空で過ごして居る報道にとても驚いた事でした

報道をするだけ?報道陣も政治家も誰も何も提案しないの?何故でしょう?政治家

は何をして居るの?いつまで寒空に放って置くの?半月以上経った今でもテント暮

らしの方が居る事に、どうして宿舎を提供出来ないのか不思議です。自衛隊のテン

トも死者が出てから「要請があるのを待って居た」とテントがようやく貸し出され

た事に驚きました。せめて何故真っ先にそれが出てこないのか?とても不思議な国

だと思います。皆さんはどんなふうに考えているのかしら?と思い書いて見ました

以下は11月1日の「ゆりかごだより」発行時に思った事の抜粋です

多くの被災者が出ている新潟中越地震、人ごとでは無い思いですね。その被災者の

様子をテレビで見て居て、どうしてすぐに被災者の宿を手配しないのか?先ず地震

が起きたその時から、多くの被難者が出ているのが解かった時点で、被災者を安全

な宿にと避難させる事から始めないのか、それが3日経ち5日経ってもその気配も

無い事に、誰が指揮をしてるの?どうして出来ないの?と不思議に思うばかり。被

災地も雪になるという日「首相官邸」からメールが届いた日でも有りました。私も

たまらずに「被災者の宿を手配し今からでも弱者から暖かな宿に移してあげる事に

全力を尽くすべきではないか」と首相官邸にメールしました。翌日早速、内閣官房

官邸メール担当者から『総理大臣に報告します。あわせて国土交通省、内閣官房安

全保障危機管理担当、内閣府、総務省へも送付します』との返事でした。何とも頼

りない事です。こうして官邸と私でもメールで連絡のとれるインターネットの時代

大事な時には何も生かされていない様です。遠近を問わず各地の国民宿舎、旅館ホ

テル等から受け入れ可能な人数を募り、被災者を自衛隊のヘリコプターでも飛行機

でも、送りこむ事をすべきしょうに…その為に税金、義援金を使っても良いのでは

ないでしょうか?いえ誰かそんな方法を考えていると思っておりました。この時代

寒空で避難者が増えるばかり…避難者は日増しに疲れ、車での避難生活で死亡する

人も出た等、これが人道支援と言って、他の国に自衛隊を送って復興支援している

日本、国連の常任理事国を希望している日本なのでしょうか?自国の被災者が一週

間も寒空でテント暮らしの現実、エコノミークラス症候群と言う症状で命を落す等

これはもはや人災ではないでしょうか?周りに何も無い地域の難民ではないのです

食事が足りないトイレが足りない、毛布が足りない、それを刻々と報道しているメ

デアが有ります。『全力を挙げて対応します』とテントに見舞う首相、首相が今や

る事が違うのではないの?見舞うより災害直後の被災者に暖かな宿を用意するよう

指示し指揮する事では無いでしょうか?これが日本の現実かと摩訶不思議な思いで

した。災害から一週間も経った昨夜、漸く横浜の青少年の施設に400名の被災者の

方達が移れホッとしている姿がニュースで流れました。こんな事がもっと早い段階

で出来たら、多くの方が助かり、死なずに済んだ方もいたでしょうに…

以下に被災地に雪が降ると言う日に、従兄弟から来たメールを紹介します。

『新潟の被災者の人達には寒さの追い討ちです。健康が最大の問題でしょう。ホテル

や温泉宿を借り上げて一時的に被災者を収容するというのはどうでしょう。温泉宿

はどこでも暇で困っているのですから国が借り上げて年寄りや子供を1万人とかを

収容すれば、食事トイレ暖房の問題も解決する上に宿屋の救済にもなり一石三鳥に

なります』

全く同じような事を考えていたメールでした。二度と起こって欲しくない災害です

大災害の時は渦中の人達は、地方自治体はやる事ばかりで大変でしょう。渦中より

離れたところから、国が真っ先に緊急に必要な事を考え、的確な判断と指揮で迅速

な対応がすぐに採れるような仕組みを早急に作るべきだと思います。

日本中でまた何時起きるか解からない大地震、近々起きる可能性が高いと言われて

おります。本当に個人でどんな対策を講じたら良いのかを考えさせられた新潟中越

地震です。まだまだ余震に怯えてテントでの生活の方が未だに多く居る事をひとご

とでは無いと思いながらも、どうしようもなく過ごしている事に自分でもはがゆく思

うばかりです。Yoko.I

バックナンバー