えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no12 今月はクリスマス会の特集としました

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

ハイ、こんにちわ! 今年は誰も泣かずにサンタクロースと あくしゅができました

じゅんばんにハイ握手 みんなもらったプレゼントが気になります

可愛いプレゼントをもらって うれしそうな子供達です

お散歩で拾い集めたどんぐりや小枝で つくったリースを持って

一人一人みんなとあくしゅをして サンタクロースは帰ります バイバイです 来年まで「さようなら」ですね

ゆりかご組さんにもサンタクロースは やってきましたよ でも赤ちゃん達は迷惑そうですね

ゆりかごだより

十二月号より

十二月号の更新が私の個人的な理由で大変お待たせ致しました。

予定どうりかろうじて年内に間に合わせる事が出来ました。ゆりかご便り十二月号

からの途中からの抜粋ですがお読みください。

今回はもう少しとても嬉しく思いました事をちょっと自慢したいと思います11月号

のホームページの表紙に利用した写真を皆さんどんな風に御覧頂いたでしょうか?

私は誘導ロープにあの様にきちんと繋がってしかも相当長い距離を歩く姿を見て私

から言うのも何ですが…『ああとても良い保育が出来ていた事のこれが結果だわ』

と、先生達のご苦労の賜物と改めて感じた事でした。毎日の職員会で色々とお願い

するばかりの私ですが、先生達の保育者としての素晴らしく成長されている事を改

めて認識した事でした チョロチョロ動きたい盛りの子供達です。一人でもお母さ

んが追いかけ回してしまいますよね。ゆりかごでも昨日今日入園したお友達にはす

ぐには、させられません。保母がしっかり手を繋いで歩きます。集団生活だから出

来る事ですが、それも一朝一夕に出来る事では無い事を受け取って頂けたらと思い

ます。あの子達はゆりかご組から進級のお友達が多いので殊更嬉しい姿なのです。

 3ページにも出てきますが、保育者との心の良い交流が在ってこそのあの楽しそう

な良い笑顔ですし、保育者同士の連携のとれた良い保育の結果と確信した事でした。

2000年最後の号となりました。来年は大変革の年とやら、良い方への変化となり

良い新世紀のスタートとなりますよう、心から祈らずにいられません。

 では、みなさま良い新年をお迎え下さい。 Yoko.I

バックナンバー