えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no62 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

明日の節分前の豆まきです 子供たちも殻入りのまめを 鬼さんにむけて 鬼は外 福は内と投げています 泣き虫鬼 風邪引き鬼 体の邪気を 追い払いましょう 元気な福の神が入って来たかしら

ゆりかご組のお友達もご機嫌で 参加してますね

可愛い鬼のお面も嫌がらずにかぶれて  いますね 皆さんとても良く似合っていますよ もう赤ちゃんではなくなりましたね

2月で3歳になるお友達が 女の子達だけ4人揃いました

赤ちゃんの時からのお友達 週2回のお友達も随分長いお付合いでした おかあさんのお産の間だけの お友達もおりましたね

1歳児さんも3歳児さんのお祝いの ろうそくの火を 吹き消すのを楽しみに

して待っておりました これから皆さんも2歳・3歳の お誕生日が楽しみですね

1歳児のお友達はお散歩車で今日は お出かけ 公園に着いたら たくさん動いて遊びす 歩きたいお友達は どんどん歩きますが 決して無理はいたしません

2月1日から入園のSo君11/21生まれと 7日から入園のMeちゃん右12/12うまれ

赤ちゃん組もまた若返ってます 二人ともならし保育が終わったばかり ですがもうすっかりリズムも出来ました

ゆりかごだより

二月号

鬼は外、福は内、パラッパラッパラッパラッ豆の音

鬼はこっそり逃げて行く

今日から2月、古い暦や中国では節分を境に新年が始まるとして居ます

五黄中宮の年から、四緑中宮の年変わります。何故か内外共に大きな天災

人災、大きな事件の多かった年でした。それもこれも五黄の年の作用との

観方もあります。節分後の四緑中宮の年はどんな年になるのでしょう。

少しでも大きな災害や悪い事が無いよう祈りたいものです。

人の生年月日でいう本命も皆1遁づつ進みますが、その時にとても大き

なエネルギーを使うのだそうです。節分の前後は若い方も老人も体が弱り

がちになる事が多いのは、そんな事に寄るのだという説もあります。気を

付けて参りましょう。今年一番の寒波が日本中を覆っていて、暫くは寒さ

も厳しいようですが風邪の予防をして参りましょう。風邪は予防以外には

なく、治療ではなく症状の緩和の為にお薬を飲むので、症状にあったお薬

をお医者さんに処方して頂く事が良いようです。抗生物質は肺炎になりそ

うな時は必要でも、ウイルス性の風邪の時は有害無益なもの(普通の菌を

怖い耐性菌に変えてしまう場合があるので)そんな事からもお医者さんが

必要として処方してくれる以外は無闇に飲んだり、飲ませたりしない方が

良いとの事です。熱も38度くらいまでなら、菌と戦っている為でそれによ

って、体に抵抗力がついてくるので、いつもとあまり変わらなければ、熱

さまし等で下げる必要もない事が多いようです。いずれ初期の時にお医者

さんに相談するのが一番良いということでしょうか?風邪の季節です。

大人も子供もこじらせないよう気を付けて参りましょう。

Yoko.I

バックナンバー