えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no42 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

6月生まれのお友達のお誕生会です うさぎさんのNaちゃんです H12.6.14. 生れです  もうすっかりお姉さんです 保母との会話も

大人の楽しい会話のようです

私ももうすぐ満3歳になります  H12.6.26.生れです

園ではNaちゃんと一緒に とても元気に遊べていますね。 冠もとても良く似合ってますよ 迎えに来てくれるお兄さんが大好きなのね

お誕生会のいちごはとても 楽しみな皆さんです

左からYoちゃん Tiちゃん Kaくん 1歳前半のお友達です みなさん活発に遊べるようになりました

こちらはHaくんとKaくん やはり1歳前半のおともだちです 二人とも歩くのがとてもしっかりしてきました

お誕生会に ちゃんと参加しているという 気持ちになれたかな?

おさんぽに出かける前の ひとときです

大きい子もまだまだ幼いと 思っていたお友達も それぞれみんな仲良く 譲り合って楽しく遊べていますね

こちらのグループは ゆりかご保育園では

お兄さんクラス あっという間にお兄さんなりました やんちゃもいっぱいして でも聞き分けもとても良く 出来るようになってきましたね

ゆりかごだより

六月号

四月から入園のお友達も園生活にもすっかり慣れて、朝のごあいさつの時も

歌に合わせて皆と手遊びを楽しんでおります。♪お名前呼びます手はおひざ

ポン♪ちゃんと手をおひざに置き「◯◯◯◯ちゃーん」「ハーイ」と手をしっ

かり挙げてご返事が出来ます。みんなちゃんとご返事しているつもりなのです

さて、このところ毎日のように訪れる見学の方が幼い子供達のそんな様子を

見て決まって驚く事は、皆がちゃんと座って居られる事です。保育士が強制し

て出来る事ではありません。集団生活の良さですね。昨日今日入園したばかり

のお友達でも徐々に皆さんと同じように出来るようになります。まわりの子供

達から、環境から、良い事も悪い事も何でも学んでいきます。そしてその為に

は保育士の言う事はちゃんと聞けるようでなければなりません。全ての基本は

保育園でもここに有ります。子供はとても賢いと思います。親には甘えられる

事をそれなりの年齢でよく解っていますね。そしてそれを上手に使います。

親は自分のやりたいようにやらせてくれる…とまた、どんな時も根気強く待っ

ていてくれる事を…大体はそれで良い事が多いのですが…それが昂じて何もか

も子供に主導権をとらせてはいませんか?成長すればするほど直すのは大変に

なります。今のうちなら「もうおしまい」「これはあなたの使うものではあり

ません」等々今なら泣かれても、叱っても見苦しくは有りませんが、幼稚園

小学校、中学校となったら…怖くて注意も出来ないと云う事もよく聞く事です

今はまだ小さいから…ではなく今だから親の云う事をちゃんと聞かせよう…

そして先々親の云う事をちゃんと聞ける子供に育てるか、親の言うこと等

全く聞けないわがまま一杯の子に育つかどうかは、幼いこの時期の親の態度に

あるのではないでしょうか?「心を鬼にして」と言う言葉がありますが、時に

必要なことです。先に行ってその事が子供の為には良い事か悪い事かを考えて

見たらどうでしょうか?1歳児は天使のよう…2歳近くなってくるとだんだん

難しくなってきますね。この時期の親の接し方が問われるのでしょう…

Yoko.I

バックナンバー