えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no14 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

ひよこさん、うさぎさん達はお散歩に行って しまったお庭でゆりかご組のお友達は 日光浴、外気浴です、二月でも陽のあたる お庭はとっても暖かく良い気持ちです

満一歳のお誕生日からゆりかご組から ひよこ組に進級S君です 大きい子達の中で 大丈夫かしらと保母の方が チョッピリ心配をする時でもあります

今日は満一歳の誕生日 2001年に 満1歳おめでとうございます ひよこ組でならし保育となったSiちゃんです もう すっかりひよこ組に溶け込んでます

こちらは赤ちゃんの時からゆりかご保育園で 過ごしたお友達、とても元気に逞しく 成長しました 間もなくお別れとは とても寂しいですね

一歳児、二歳児、三歳児、みんなで 遊ぶことがとても楽しくお互いに良い刺激に なります 雪でお散歩に行けない今日は 保育室での遊びを色々考えます

大きく成長したうさぎ組さんは 今日は 春に遠足の場所だったエクスポセンターまで お散歩で行く事にしました 本当に元気に逞しくなりました

ゆりかごだより

二月号より

 もう二月ですね、節分を境に新年とする観方の暦があります。2001年これからが

本当のスタートになります。ぎりぎり最後まで大変な事件が起きましたが子供との関わ

りの中で思った事を取り上げてみようと思います。

 子供をだっこして頬ずりをする時は何とも言えない幸せな気分になりますね。そして得

も言われない快さと沢山の幸せを貰っているような気持ちになります。たとえ泣いてぐず

って居た子供でもその快さにご機嫌を直してくれます。それが我が子であれば、一日の疲

れも癒され明日の活力を貰えると言うのが普通の親子の思いであり姿だと思いますが 何で

親が我が子を…と耳を覆いたくなるような虐待のニュースで思った事、そんな親子は抱き

しめた時のあの快さを知らないのではないかと思いました。特に母親と父親がそうして愛

された経験が無かったのかしらと思います。

 育てなければいけない、ミルクをあげるために、泣いているから、との思いだけでなく

ただただ無心に可愛いとの思いで抱きしめあう事がとても大事と思いますが、如何でしょ

う親子で一日に何度それが出来たかを数えて見ましょう。

 私は子供が好きだからどの子も機会さえあれば、抱き上げ頬ずりしくなります最近は前

の様に一日接する時間が少なくなりましたが、それでも時々でも、保育室で私が側に居る

とハイハイして来て抱き付いて来てくれるのは時々でも、しっかりと抱きしめ頬ずりした

事を覚えていてくれるとしか思えません。ひよこやうさぎ組の大きい子供でも抱いてあげ

たり、両手を持ってしっかりスキンシップをしていると、照れながらもとても嬉しそうに

してくれます。離れている子には目だけでも「貴方の事も忘れていないのよ、ちゃんと見

ていますよ」と目線を送ると嬉しそうにし、気持ちが伝わります。用事が済む間のほんの

一時ですが、そんな時、私の思いがどの子供にも伝わると実感します。無心に抱きしめた

り、頬ずりする事の幸せを、快さを親子で朝起きた時、夜寝る前でもしっかりと確認しあ

いましょう。それがお互いをどんなに幸せにする事でしょう。 Yoko.I

バックナンバー