えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no150 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

今月の誕生会はSo君です(6/25生)

2歳児さんの仲間入りももうすぐです

お散歩も誘導ロープを持って

しっかり歩けるように

なりましたね

赤ちゃんのゆりかご組から

ひよこ組1歳児になったA君(6/4生)

とっても優しい穏やかな

A君大きいお友達に

圧倒されてますがすぐに慣れますね

遠足に出かける前のお庭で遊ぶ

2歳児のAちゃん(8/8生)

大きなリュックには

お弁当とおむつが入ってますね

皆さん用意は未だでしょうか?

2歳児のMiちゃん(9/5生)

ゆりかご組の弟のTaくんは

保育園で赤ちゃん達と遊んでいます

後は皆で疲れも忘れて池の中の

 鯉を見ているお友達です

色んな色の鯉がいますね

皆さんは保育士が用意して来た

小さく切ったパンを貰って

鯉や鳩にあげるようです

水鳥も見えています

23年1月からの入園のTaくんです

お顔を見せにきてくれました

22年10月3日生れでしたね

赤ちゃんの面影そのままで

こんなにお兄さんになったんですね

ゆりかごだより

二十四年  六月号

今日からは衣替えの月六月となりました。四月、五月とアッと言う間に過ぎてしまった

ように思います。五月は日本では最大級の竜巻があり、しかも「つくば市で…」と全国放

送テレビで報道されたので安否を気遣う見舞いの電話が沢山頂いたのは皆さまもご同様か

と思います。直撃された大穂地区の方々には心からお見舞い申しあげます。五月はそれ以

降も荒れ模様の天候で「どうなって居るんだろう」と心配でした。

他には明るいニュースでは21日の何十年振りで見られた金環日食で日本中が沸きました

私は丁度帰省していた秋田からの帰りの途中の車の運転中…その時間は磐越道に入った

辺りで残念な事に曇っていて見られませんでした。多事多難な最近の世相です。幼い子供

達を相手にする私達はいつも明るく希望を持って子供達に接していかなければなりません

無心な赤ちゃんや幼児達に接して居ると、穏やかな気持ちと元気を子供達から貰ってます

子育てをしている方は、それだけでとても幸せな事だと思います。そんな時期もあっと言

う間に過ぎてしまいます。街で出会った何年も前の卒園児のお母さんが「ゆりかごに通って

いた頃をよく思い出します。あの時代をもっと楽しめば良かったと思います」と話しており

ました。その時は仕事や家事にと忙しく子供と余裕を持って接してあげられなかった事を振

り返っての言葉と思いました。

赤ちゃんは無心で無条件に可愛いですし、1歳児迄は天使と言われ、2歳になる小悪魔と

表現される事もあるように、「いやっ!いやっ!」が始まり、わざと反対の事をやる「あま

のじゃく」になったり、ものすごい甘えん坊になったり、扱いが難かしくなってきます

これも成長の過程ですので、あまりこだわらずに、さりげなくやり過ごしても良い場合が多

い様です。素直に言う事を聞かせたいと思う事が難しくなる時期です。親と子供との知恵比

べの時と思い、どうしたら思い通りに言う事を聞かせられるか、それぞれ工夫してどちらに

軍配が揚がるか楽しむのも良いかと思います。最終的には「ダメな事はダメ」という親の気

持ちを解からせたいものです。 Y.I

バックナンバー