えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no40 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

新学期早々の四月野お誕生会です うさぎさんのEちゃんです H12.4.23. 生れです  ろうそくを吹き消すのに一生懸命です まず1本は消せたようですね クリックしてお友達も見てくださいね

ぼくは Haくんです  H14.4.2.生れです 昨日入園しました。慣らし保育2日目の 今日は11時のお帰りです そして今日はぼくの本当の誕生日

クリックして別の写真も見てくださいね

ゆりかごさんから4月まで待って 進級してきたお友達です ゆりかご保育園は本当は お誕生日を境に進級します

左のYoちゃんは 不定期で登園しますが4月のお誕生会に 参加でき良かったですね

こちらは新入園のHaくんと 一人おいてKoくん

左から2人目がゆりかごから 進級したKeくん1人おいて TiちゃんとAくんの進級組さん

くりっくして別のお友達も見てね

これからゆりかご保育園の お兄さんお姉さんとして 先輩になっていく お友達です それなりに強くたくましく成って行く ことでしょう

小さなお友達に優しくしてあげましょうね

赤ちゃんの時からゆりかご保育園に入園 11年3月に卒園したお友達Maくんです

4月8日に小学校の入学式の 帰りにお母さんがその姿を見てほしいと 時々一緒にお迎えに来ていた6年生の お姉さんの Muちゃんと 三人で保育園に寄ってくれました  大感激でした  素敵な一年生ですね

ゆりかごだより

四月号より

桜の花便りと共に、うららかな春の訪れの季節はゆりかごのおさなご達もそれぞれの 新生活のスタートの時期でもあります。一ヶ月足らずの方から二年三年とご縁のあった

方、一期一会どなたも私達にはとても大切な良い思い出として心の奥に残っております

新生活にスタートして行く子供達との別れはせつなく、進級し新入園の子供達と新た

な出会いは嬉しいと、悲喜交々の思いがありますが…また新たな気持ちで新学期のスタ

ートとなりました。私のこうしたこの時期のとても嬉しかった事が先回に続きあと二つ

有りましたので紹介致したく思います。一つは三月の事です。今一つは四月の事でした

それはno37で紹介しましたゆりかご保育園最初の頃の入園者の兄と妹の再会です。

卒園以来の事でしたので最初お母さんの「Oです」との言葉にもそれまで机に向かって

仕事をしてそろそろ眠気を催していた午後の時間帯でもあったせいだとしか言い様が無

いほど、家族四人のお顔を見つめてお父さんのお顔を見て「あっらまぁ…しばらく」と

言った事でした。いつも何かにつけては思い出して忘れる事の無かった兄妹なのですが

6年生のJu君の卒業式を済ませてその帰りに寄ってくださった二人のお顔は私がいつも

思い出す顔とはあまりに違ってご両親がいなければ絶対すぐには解らないと思いました

お兄さんは立派に卒業式を終えて先生にも褒められたんですよ!とのお母さんの言葉に

私まで感動し、在園の頃のアルバムを見て思い出を語るうちにその頃の面影と目の前の

成長したお二人の顔が漸く重なってきたのでした。2歳違いの妹のSaちゃんはしっかり

者で面倒見の良い女の子になっておりました。本当に懐かしく楽しい幸せなひとときで

した。なつかしさと嬉しさで舞い上がってしまい、帰ってから写真も写さなかった事を

とても残念に思いました。先回のFuちゃんの時も写真を写しておけばと後悔しましたが

今一つの嬉しかった事は上記に取り上げましたMa君のこちらは小学校入学式後の訪問

でした。小学校卒業した方と入学式を済ませた方、同じ年の三月と四月この時期に似合

った、とても懐かしく嬉しい訪問者が有った事でした。

Yoko.I

バックナンバー