えんのせいかつふうけい(ゆりかごだより)

no144 

(各写真をクリックすると大きくなったり別の写真が見れます)

ゆりかご保育園で一番お姉さんの

Yuちゃん(12/26生れ)です保育士と

とても良くお話が出来ますね

後の左がAちゃん(1018)右がAちゃん(316)

お誕生会のもう一人はYu君(12/6生れ)

 とっても気持ちの優しいYuくんです

後に見えているのが右が1歳児の

Aちゃん(8/7生れ)です

2歳児さん達が多くなってくる時期です

素直な1歳児さん達は何でも

大きい子供達の真似をして

憶えていくのですね 皆さん愉しそう

12/5より入園のMiちゃん(8/29生れ)

インターネット初デビューです

飲んでは眠りの時期も終わりそうな

 この頃廻りの事を良く見ています

生後2ヶ月より入園のSu君(8/1生れ)です

同じ頃からゆりかごで過ごした

お兄さんのTu君とそっくりね

先生たちにはTu君に見えちゃいます (ゴメンナサイネ)

腹ばいも上手になったA君(64)です

ハイハイで動き回るのも

もうすぐですね

いつも良い笑顔を見せてくれるA君です

ゆりかごだより

二十三年  十二月号 から

今年のカレンダーも最後の一枚となりました。あっという間に23年も過ぎてしまうよう

新しいお友達ともなれて来た頃には年末になって居たという感じです

さて、朝の会は担当の先生のお話や手遊びに始まり私も子供達と話をします。今日は私は

帰って来た亀さん」というお話をします。それは昨日の18:00からの延長保育の時間、10人

位の延長児とエプロンシャァターをして遊びました

エプロンシャァタ―というのはサロンエプロンに、山や川、お家や草むら等をアップリケをし

てありエプロン全体が舞台装置になります。そこで色んな登場人物や動物を貼り付けてお話が

進んで行きます。それまで個々に遊んで居た子供達でしたが、すぐにみんな集まって来てお話

に集中します。そして一つの話が終わったら、保育士の力量で20分でも40分でも子供達を惹

きつけて、一人で何人の子供達とも集中して遊ぶ事ができます。飽きたら子供達を登場人物の

動物になる事を誘導して、リズム遊びに発展させると大喜びでなりきって遊びました。最後に

可愛いアップリケの動物を自分の手で持って遊びたいですから取り合いにならないように皆に

一つづつ「順番で使うのよ」と言って渡してあげます。どんなにやんちゃな子供でも、手渡す

前に言われた事はちゃんと守って遊べます。飽きたら子供同士で「取り換えて」と言って遊べ

ます。勿論保育士は良く子供達を見て居てトラぶりそうな場面は把握していなければいけませ

ん。そんな遊びもお迎えの時間になって終わり、皆で片づけをしましたところ、どうしても亀

さんが見つかりません。最後に残った子供達と一生懸命さがしましたが見つからす「何処にか

くれたのかしらね?そのうち見つかるでしょう」と昨日は探すのを止めました。大分前からも

う一つのエプロンシャータ―の狼が見えなくなって居たので「年末の大掃除の時に出てくる事

を期待しましょうと」と先生達と話し合ったのでした。そんな昨日の今日、登園したHi君の

お父さんが「昨日帰ったら洋服にくっついていました。と亀さんを出してくれました。

「うわっ!よかった!探してたんです」と私は大喜びでした。これでまたお話が出来るわと…

早速朝の会で子供たちにも「亀さんが見つかったの。Hi君のお家から帰ってきたのよ良か

ったね」と又うさぎさんと亀さんでお話を作って遊びました。子供達もいつも以上に静かに亀さ

んに集中して話を聞き心なしか「良く帰ってきたね」と言って居るように私には思えました。

Hi君のお父さん亀さんを連れて帰って下さりありがとうございました。 Y.I

バックナンバー